悩むくらいならやめておこう

 転職をしようかどうか、悩んでいる人に対してふるいに掛ける言葉があります。それは「悩むくらいならやめておこう」です。転職しようかなと悩んでいるということは、転職に至るまでの後一歩の要素が足りないからでは無いでしょうか。それはつまり現在の職のほうが自分の希望に対して一歩進んでいるということでも有ります。


 転職したいと思い出すとどうしても転職をする方向にしか考えません。もちろん転職して成功すれば現在の職よりも待遇が良くなるかもしれませんし、給料も上がるかもしれません。人間関係も今よりも一層良くなることもあるでしょう。ですが、転職は希望のトリガーであると同時に現在の安定した生活を崩すということ、つまり生業を失うということでもあるのです。

 

 そのリスクをもう一度考えてみると、悩んだ上できっぱりと判断できるのであれば良いですが、そうではなくただ悩み続けるくらいなら現在の職を続けるための努力をしたほうがよっぽど建設的と言えましょう。転職はどうしても職を変えたいと思った時にこそ、本気の職探しもできるようになりますし、新しい職を手に入れるための本気を出すことができます。転職を本気で考えて行動に移すのはその時でも遅くないのではないでしょうか。

 

 就職氷河期とすら言われているこのご時世です、仕事があることにまず恵みを感じましょう。