転職における必要なもの

bl166-転職 ■


 転職を考える場合に、自己分析をしておくことは転職を成功させるためには必要なことです。自分の適性や志向性などが明確でないとどんな企業で能力を発揮できるのかわからないからです。また、自身を理解していれば上手な自己PRにもつながり面接が通過しやすいメリットがあります。

 

 しっかりと自己分析できている人は自分を客観的に見ることができるため、失敗や評価に対して自己反省を踏まえて次回に活かすことができます。また、自己分析ができている人は、場の空気が読め、相手がどう考えるのか、どう感じるのかを予測をたてて話を展開することができるので、臨機応変に話や態度を変えることができます。

そうすることで、職場での良いチームワークを形成することができます。

 

 次に情報収集が必要になります。インターネットの求人サイトやハローワークの求人に応募する前に、転職エージェントに数社登録して所属するキャリアコンサルタントに会い、転職フローや効果的な応募書類の書き方、業界動向などの情報収集を行います。ここで複数の転職エージェントに登録するのは、キャリアコンサルタントとの相性や異なった意見を聞くことで客観的な視点をいれながら自分で決断するためです。
情報収集が一通り終われば、具体的に応募書類を記載して応募しますが、その時点で面接において必ず質問される
自己紹介、転職理由や志望理由、入社後のキャリアビジョン、自身の強みや弱みを具体的な例をあげて説明できるように準備します。

 

 転職には、自己分析と情報収集をしておけばほぼ成功するといえるでしょう。