面接で差をつける!女性の転職に有利な面接での受け答え方

現在3歳の子供を持つ専業主婦ですが、子供が保育園へ通える年齢になったので、仕事を始めようと思っていますが、仕事から長い間離れていた為、面接でどの様な受け答えをしたら良いのかが分かりません。子供が居る専業主婦でも面接で有利になる為の受け答えってあるんでしょうか?


 お子さんが保育園へと通われる事で仕事へ復帰や転職するお母さん達は増えていますね。中には産休と育児休暇を取り、1〜2年後に職場復帰する方も多いそうです。それだけ働くお母さん達にとっては、働きやすい環境になってきましたが、それでもやはり小さいお子さんを持つお母さん達にとっては、子供が病気した際の預け先等の問題もある訳です。

 お子さんが居る専業主婦の方が転職での面接を受ける時、面接官に真っ先に問われる質問が「子供が病気等の際の対応について」でしょう。一番ベストなのは、おじいちゃんやおばあちゃん等の親族の助けがあるという事ですが、実家が遠方にある場合や家庭の事情で協力を得られない時等は、地域の託児サービスを利用するのも1つの手段です。周囲に頼れる人が居ない場合、地域の託児サービスの利用を考えているという旨を面接官に伝えると良いでしょう。

 

 次に問われる問題として、どの程度長く働けるか、その職場や職業に上手く馴染む事が出来るか?です。子育ての両立は可能であるかを確認し、どれだけ長く働けるのかを確認してくるでしょう。その為、お母さん自身も通勤時間や通勤手段等で無理をしない事が大切です。なるべく長く働きたいという旨をしっかりと面接官にも伝える事がポイントでしょう。

 

 また、新たに人員を集う時に会社が一番重要視する事柄として、今いる既存の社員と上手く馴染めるかどうか、です。特に専業主婦が多く集う職場の場合、人間関係は大きく重要視されます。転職者の人間性を見る為に様々な質問を投げかけてきますので、面接ではハキハキと受け答えしながら、質問に柔軟に受け答えを行なう事を重視されますので、なるべく落ち着いて質問に答えましょう。