転職活動の進め方


 転職を考えた場合、一人でハローワークやインターネットの求人情報をみて応募しているだけでは転職は難しいでしょう。何故なら、転職には動機と戦略が必要だからです。
なぜ転職したいのかという根本的な理由と、転職のプロである転職エージェントに相談しながら転職活動を行うことが転職する近道です。

 また、転職を考える場合には、現職での仕事内容や年収、勤務地、職場環境や会社の経営体質による存続の危うさなどに対する不満や不安から転職を考えると思いますが、同時に転職先企業の財務状態や離職率も冷静に検討しておかないと、現職と同じ不満や不平がでることもあるため、現職に残留して代替案がないかを検討してもう一度努力してみるのも選択肢の一つです。

 

 しかし、転職しなければならない場合には、具体的に計画をたてておくとしっかりした準備が行えるため、急に面接に呼ばれてあわてることが少なくなります。また、実際の情報収集から内定するまでの期間は、1ヶ月から3ヶ月かかりますが、書類の準備をしたら次に基本的な面接想定問題を作成して回答を具体的に練ります。

 

 転職完了するまでの具体的な流れとしては、応募書類を作成して情報収集を行うために求人サイトや転職エージェントに登録する。経験スキルが活かせそうな企業に応募しても、その中で優先順位をつけて面接に行くようにします。面接回数を3回ほど得て内定を獲得したらオファーレターにサインをして現職に.退職の意思表示をして退職願を提出します。