転職における面接官の選考目線


 転職における面接では、採用担当者は自己PRやさまざまな質問を行うことで応募者の性格や仕事への意欲、志向性、個人の価値観を推し量ります。
模範回答としては年代にもよりますが、ありきたりの言葉でマニュアルどおりに話すのではなく、自分の言葉を使用してこれまでの自分の業務経験や人生体験を通じで自己アピールすることで好印象にすることができます。

 人事担当者は、求める人物像が社風や部署のカルチャーに合っているかどうかを判断します。この採用基準は会社によって異なり、ベンチャー企業やコンサルティング会社では意見をはっきりいうタイプや個性的なタイプを好む傾向にあり、大企業や老舗企業では順応性が高く協調性がある人を好む傾向にあります。
そして、企業が求めるキャリア志向は、それぞれ異なるためゼネラリスト志向かスペシャリスト志向かを確認します。
また、あまりにも自己認識が甘いとマネジメントは管理しづらく、職場や顧客との摩擦を生む結果にもなるため、候補者がいかに自己認識を客観的に分析して業務に活かしてきたか判断します。よって、年齢に応じた精神的な成熟度や柔軟さが求められます。

 

 直属上司や同僚になる面接官は、任せられた仕事に対する責任感やコミットメント力、業務に対する熱意や意欲があるのかにより、安心して仕事を任せられるか、またできれば期待以上の仕事をしてくれるかどうかという点を見ています。

 

 転職での面接においてアピールするためには、現職では成し遂げられなかったことが転職することでどう活かせるのかを論理的に話すことが大切です。