大卒就職

ワークゲート

大学中退就職

ワークゲートが一般的な求人情報サイトと違うのはスカウトというシステムが採用されているところです。スカウトとは、職務経歴やスキル等を匿名で公開することで、興味を持ってくれた企業からアプローチしてもらえるという今までにはない画期的なシステムです。 日本全国の求人情報が満載で、勤務地や雇用形態、職種など条件によって自由に検索できるので、仕事探しも効率的です。また、新着の求人情報も随時更新されているので、求職者が一番知りたい新しい情報を逐一チェックすることができるのです。 求職に役立つ情報が満載なワークゲートを利用して、やりがいのある仕事を見つけましょう。

 

ANレギュラー

未経験者歓迎の求人情報を検索したいならanレギュラーが最適です。職種やエリア、駅・路線、雇用形態、給与、新着など検索方法も豊富ですから、自分にピッタリな求人情報がゲットできるはずです。また、未経験者のための研修制度が充実していたり、収入アップやスキルの向上、高待遇などのこだわり条件で仕事を検索することも可能です。 お役立ちツールでは、メルマガ配信や適正適職診断など仕事探しに有用なコンテンツが盛りだくさんです。求人検索するならanレギュラーを利用しないわけにはいきませんね。

 

日経就職ナビ

日経が運営する新卒者向けの就職情報サイトが日経就職ナビです。日経だから成せる技として、信頼性の高いニュースやデータ、オリジナルの優良企業情報など、就職に役立つ情報が満載です。 また、インターンシップやキャリア形成、選考試験対策など、実践力に結び付くコンテンツが目白押しですから、希望する企業への就職もスムーズです。無料会員登録を済ませておけば、エントリーや説明会への申し込みもサイトを通して簡単に行うことができます。 日経就職ナビで情報収集し、就職難を乗り越えましょう。

 

 転職をしようかどうか、悩んでいる人に対してふるいに掛ける言葉があります。それは「悩むくらいならやめておこう」です。転職しようかなと悩んでいるということは、転職に至るまでの後一歩の要素が足りないからでは無いでしょうか。それはつまり現在の職のほうが自分の希望に対して一歩進んでいるということでも有ります。

続きを読む≫ 2014/02/03 16:40:03 転職情報

転職活動をする際に、身なりをそれなりに整えるのは当然の事ですよね。
ですが、ワイシャツやネクタイの色、靴、腕時計、髪型までが面接官のチェックの対象になっていると思う人は少ないのではないかと思います。

続きを読む≫ 2014/02/03 16:39:03 転職情報

 転職する時に選ぶ職種とは、今まで経験してきた仕事であることが望ましいです。転職とはスキルや経験などが重要ですが、新入社員とは扱いが異なりリーダーシップなども必要になります。転職するためには自分に責任感を持って働くことが求められるために、漠然とした志望動機で臨まないことが大事です。

続きを読む≫ 2014/02/03 16:36:03 転職情報

 転職をする際には以前の経験や知識を活用できる職業に就く傾向にありますが、確かに経験のある業種なら前職の技術や経験が活用できるため、採用もされやすいと思われがちですが、今の時代はより需要の高い職業と需要の低い職業の二極化が強くなっていきます。

続きを読む≫ 2014/02/03 16:34:03 転職情報

 若者の転職活動をするのなら、公共のジョブカフェに通ったほうが良いです。自分のいいところや悪いところ、転職すべきかどうか、転職すべき方向性などすべて相談に乗ってくれます。また、悪いようには言わないので相談するだけで気持ちが高まり不安などが吹き飛びます。

続きを読む≫ 2014/02/03 16:32:03 転職情報


 私は大学を卒業してからすぐに就職をして、約8年間はIT企業で務めました。給料などに対しては全く不安もなく、そのまま仕事を続けていくという選択もありましたが、自分が本当にやりがいを持って取り組むことのできる仕事につきたいと考えて、29歳の時に、転職を決意しました。

続きを読む≫ 2013/09/25 13:42:25 転職情報

 私は28年間、出版関係の仕事で激務で働いてきました。好きではじめた仕事でしたし、刺激と充実感に満ちた毎日だっので、一度も辞めたいと思ったことは無かったのですが、さすがに30歳を過ぎた頃から、この生活にいつまでついていけるだろうか?と考え始め。

続きを読む≫ 2013/09/25 13:37:25 転職情報


 転職を考えた場合、一人でハローワークやインターネットの求人情報をみて応募しているだけでは転職は難しいでしょう。何故なら、転職には動機と戦略が必要だからです。
なぜ転職したいのかという根本的な理由と、転職のプロである転職エージェントに相談しながら転職活動を行うことが転職する近道です。

現在3歳の子供を持つ専業主婦ですが、子供が保育園へ通える年齢になったので、仕事を始めようと思っていますが、仕事から長い間離れていた為、面接でどの様な受け答えをしたら良いのかが分かりません。子供が居る専業主婦でも面接で有利になる為の受け答えってあるんでしょうか?


 お子さんが保育園へと通われる事で仕事へ復帰や転職するお母さん達は増えていますね。中には産休と育児休暇を取り、1〜2年後に職場復帰する方も多いそうです。それだけ働くお母さん達にとっては、働きやすい環境になってきましたが、それでもやはり小さいお子さんを持つお母さん達にとっては、子供が病気した際の預け先等の問題もある訳です。


 転職を考える場合に、自己分析をしておくことは転職を成功させるためには必要なことです。自分の適性や志向性などが明確でないとどんな企業で能力を発揮できるのかわからないからです。また、自身を理解していれば上手な自己PRにもつながり面接が通過しやすいメリットがあります。

 

 しっかりと自己分析できている人は自分を客観的に見ることができるため、失敗や評価に対して自己反省を踏まえて次回に活かすことができます。また、自己分析ができている人は、場の空気が読め、相手がどう考えるのか、どう感じるのかを予測をたてて話を展開することができるので、臨機応変に話や態度を変えることができます。