大卒就職

リクナビNEXT[登録も利用も完全無料!]
詳細
★★★★★
 90%の就職活動者が利用する定番の求人サイト!日本最大級の会員数を誇り、求人総数も業界トップクラス!会員限定機能も満載で就職に役立つノウハウもあります。
利用者の声
良かった
他の求人サイトを使っていたのですが、なかなか就職先が決まらず。とりあえずリクナビNEXTに会員登録してみたら、あれよあれよという間に就職が決まりました。それまでの就活で揉まれたせいもあるかもしれないけど、リクナビNEXTのお陰でもあると確実に思います。
良かった
リクナビNEXTで効率よく仕事探しができました。特に気に入ったのは検討中リストやレジュメ保存の機能。よそのサイトでも見られる機能かもしれませんが、リクナビNEXTのは特別使い易かったです。使ってみて初めてわかる利便性があると感じました。
良かった
会員になるとパーソナル・ダッシュボードっていうのが使えるんだけど、これが就職への意欲を向上させてくれたのが結果的によかったのかもしれない。スカウト活用度や目安応募数が数字に表れるから、焦る気持ちもあるけど、やる気が出る。こういったシステムは何をすべきかを明確に提示してくれるし、就職のための活用度は高めですね。
普通
リクナビNEXTには会員限定機能があります。会員にならないと使えないのですが、実際に利用してみると、そこまで効率の良いものだとは感じませんでした。使い方が悪かったのかな?あくまでも自発的に仕事を探し、積極的に応募できるような人が使うべきサイトのように思います。
普通
機能とか求人とかはやっぱり一流と感じた。PCスキルとか語学とかデザイン的なクリエイティブ能力を備えてないとリクナビNEXT1本で就職を決めるのは難しいのかも?

リクルートエージェント[求人の量も質も申し分なし!]
詳細
★★★★
 求人情報は約8万8,500件!そのうちの9割は非公開求人です。業界・職種・地域に精通したキャリアアドバイザーが就職活動をサポートしてくれるので忙しい方にも安心!
利用者の声
良かった
他のエージェントと比べても紹介求人数がすごく多く、就職活動中一番利用していました。条件や希望職種をふまえて私にあったものを紹介してくれるのでちゃんと考えてくれるんだなと安心しました。
良かった
キャリアアドバイザーの方が履歴書の添削や書き方のアドバイスをしてくれるので、大変助かりました。あのままの履歴書を送ってたら就職できてないんだろうなと今でも思います。
良かった
面談をする部屋も清潔できれいだし、アドバイザーの人も感じの良い方でした。会員にならないと見れない非公開求人も多くて、幅広い分野の求人があるので選択肢が広がりました。
普通
事務的にする方もいれば、親身になってサポートしてくれる方もいるので、担当のキャリアカウンセラーによって当たり外れがあると思います。担当と合わない場合は変えてもらったほうがいいですよ。
普通
サポート体制や求人数・非公開求人数は良かったと思うけど、サポートが3か月は短い!3か月で就職成功した人ってどのくらいいるんだろう?
お役立ちサイト
40代の転職を成功させるための活路ナビ
40代の転職は経験をアピールしよう!

 転職をしようかどうか、悩んでいる人に対してふるいに掛ける言葉があります。それは「悩むくらいならやめておこう」です。転職しようかなと悩んでいるということは、転職に至るまでの後一歩の要素が足りないからでは無いでしょうか。それはつまり現在の職のほうが自分の希望に対して一歩進んでいるということでも有ります。

続きを読む≫ 2014/02/03 16:40:03 転職情報

転職活動をする際に、身なりをそれなりに整えるのは当然の事ですよね。
ですが、ワイシャツやネクタイの色、靴、腕時計、髪型までが面接官のチェックの対象になっていると思う人は少ないのではないかと思います。

続きを読む≫ 2014/02/03 16:39:03 転職情報

 転職する時に選ぶ職種とは、今まで経験してきた仕事であることが望ましいです。転職とはスキルや経験などが重要ですが、新入社員とは扱いが異なりリーダーシップなども必要になります。転職するためには自分に責任感を持って働くことが求められるために、漠然とした志望動機で臨まないことが大事です。

続きを読む≫ 2014/02/03 16:36:03 転職情報

 転職をする際には以前の経験や知識を活用できる職業に就く傾向にありますが、確かに経験のある業種なら前職の技術や経験が活用できるため、採用もされやすいと思われがちですが、今の時代はより需要の高い職業と需要の低い職業の二極化が強くなっていきます。

続きを読む≫ 2014/02/03 16:34:03 転職情報


 転職を考えた場合、一人でハローワークやインターネットの求人情報をみて応募しているだけでは転職は難しいでしょう。何故なら、転職には動機と戦略が必要だからです。
なぜ転職したいのかという根本的な理由と、転職のプロである転職エージェントに相談しながら転職活動を行うことが転職する近道です。

現在3歳の子供を持つ専業主婦ですが、子供が保育園へ通える年齢になったので、仕事を始めようと思っていますが、仕事から長い間離れていた為、面接でどの様な受け答えをしたら良いのかが分かりません。子供が居る専業主婦でも面接で有利になる為の受け答えってあるんでしょうか?


 お子さんが保育園へと通われる事で仕事へ復帰や転職するお母さん達は増えていますね。中には産休と育児休暇を取り、1〜2年後に職場復帰する方も多いそうです。それだけ働くお母さん達にとっては、働きやすい環境になってきましたが、それでもやはり小さいお子さんを持つお母さん達にとっては、子供が病気した際の預け先等の問題もある訳です。


 転職を考える場合に、自己分析をしておくことは転職を成功させるためには必要なことです。自分の適性や志向性などが明確でないとどんな企業で能力を発揮できるのかわからないからです。また、自身を理解していれば上手な自己PRにもつながり面接が通過しやすいメリットがあります。

 

 しっかりと自己分析できている人は自分を客観的に見ることができるため、失敗や評価に対して自己反省を踏まえて次回に活かすことができます。また、自己分析ができている人は、場の空気が読め、相手がどう考えるのか、どう感じるのかを予測をたてて話を展開することができるので、臨機応変に話や態度を変えることができます。


 転職者数の推移をみてみると、2008年以降年々減少を続け2010年には283万人と、前年比マイナス37万人となっいます。ところが、2011年になると1万人増の284万人(推計値)、更に2012年にはやはり1万人増の285万人となっています。

 

 最近の雇用情勢や企業の経営状態等を語るとき必ずといっていいほど登場する『リーマン・ショック』ですが、この転職者数の推移をみても、やはりその影響を反映しています。リーマン・ショックが起きたのは2008年9月です。これを機に経営引締めに向った多くの企業は採用を控え、或いは縮小し、経費節減に奔走しました。中高年者の大量リストラや非正規雇用者の雇止め等を断行しました。このため、転職しようにも受け入れ先がない状態が数年続きました。


 転職における面接では、採用担当者は自己PRやさまざまな質問を行うことで応募者の性格や仕事への意欲、志向性、個人の価値観を推し量ります。
模範回答としては年代にもよりますが、ありきたりの言葉でマニュアルどおりに話すのではなく、自分の言葉を使用してこれまでの自分の業務経験や人生体験を通じで自己アピールすることで好印象にすることができます。

転職を考える前に今自分がおかれている状況を見つめ直してみましょう。一度転職を考えて
しまうと中々冷静に分析できないかもしれませんが、現在の会社で本当に解消できないのか
転職先で再び同じ失敗をするのではないか等、慎重に考えなければなりません。
仕事内容に不満がある、人間関係が上手くいかないなどの理由で転職を考える人が非常に多
いです。しかし転職することでリスクも発生します。給与が今より減ってしまう事はじゅう
ぶん考えられますし、さらに劣悪な作業環境になってしまうこともあるかもしれません。